1/22 ポンド円のエントリーポイント(FX相場分析・予想・予測)

ポンド円

[ad1]

昨夜からの上昇も一服状態となってきましたので午後から欧州序盤にかけては下落を狙う目安を決めておきましょう。
日足トレンドはやや弱まっていますが下げてくるとトレンド回帰となり再び下値を追う動きが強まってきます。

午後から上方向へ狙えるのは167.8を抜けたところからでそれまではロングは様子を見た方が無難だと思います。
上から167.8、167.5~167.6、一時間+1σ、167.0、166.7~166.8、166.5です。
下限の166.5を割れると日足でのトレンド内へ戻る事になりますので再び165.0の攻防へと移ります。
現状は1時間+1σでサポートされていますが上への勢いが落ちているので下がってくる可能性は高いので下への入り口は+1σになります。
しばらくは+1σ~167.0間で上下に往来する事になりますので20~30pipsでショートポジションを回転させつつ167.0割れを狙う事になります。
戦略としては+1σ下抜け⇒167.1付近を目安に手仕舞い⇒反発してきたところで+1σ(越えてきた場合は167.5付近から)を目安に再度ショート。
最終的なストップは167.6抜けになりますが安値売りは早めに手仕舞いしておくべきです。

[ad2]
2016.1.22-1
[twi]

関連記事

  1. 3/31 ポンド円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  2. 2/17 ポンド円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  3. 3/16 ポンド円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  4. 12/15 ポンド円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  5. 4/6 ポンド円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  6. 12/15 ユーロ円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  7. 3/11 ポンド円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  8. 12/3 ポンド円のエントリーポイント-EU(FX相場分析・予想・予測)

  9. 【受講生限定】:ポジション調整と目線の切り替え

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスランキング

  1. 登録されている記事はございません。

Twitter

PAGE TOP