8/26 ドル円のエントリーポイント-8/28~(FX相場分析・予想・予測)

ドル円

週末NY時間にようやくドル円はサポートラインを割り込み109円台前半までつけました。
長期的に見ればまだまだ下値はありそうですが直近で反発している安値ライン付近で止まりました。
来週の動向を探ってみましょう。

週足

週足を見ると昨年10月から始まった上昇からの押し目を付けている状態になっていますが全般的に右肩下がりの状況です。
気になるのは4月、6月につけた下値が反発しているライン近くでクローズしている点です。当面は下げ渋りも出やすく、長く停滞する事で反発の流れになる事も十分あり得る状況です。


日足

日足も週足同様に下向き基調が続いています。
今週の動きで110.0付近に大きなレジスタンスラインが形成され強さを増しました。
110.0の次は110.6~110.8がありますので反発上昇トレンドの形成はやや難しいのではないでしょうか。
今週は陽線と陰線が特に翌日の動きに影響する足はありませんでした。
週末の陰線は上下共にヒゲを付けておりオシレーターの方向も定まっておらずトレンドがはっきりしない状況である事がわかります。
来週も方向感がはっきりしない状態は変わらず、一定の範囲でのレンジ傾向が続く可能性も高くなりそうです。


4時間足

4時間足では週末の高値付近、8月に形成している上昇ラインが目立ったポイントになりました。
次の大きな変化は上109.8~110.0、下は現時点で109.0~109.15のどちらかに抜けたところとなりそうです。
4時間ボリンジャーバンドの流れもはっきりとはしていませんので動き出した事を確認してからでもエントリーは遅くはないと思います。

1時間足

1時間足を見てみると昨夜23:00~のイエレンFRB議長の発言で大きく流れが変わりました。
夕方の⇒ブログ記事で下への起点が109.45~109.5としておりましたが一気に下に抜け、戻り上昇はきっちりとレジスタンスラインとして機能してきました。
急落前後のフィボナッチでは50%戻し辺りが近い状態になっていますので当面は109.5までの戻りは上から叩かれる傾向が強くなってくると思われます。

週末は下落待ちの状態でエントリー回数は極端に少なくなってしまいましたが結果的に待った甲斐もありきっちりと利益へと繋がるトレードができました。
週明けも短期的な上昇も狙える部分は出てくると思いますが109.5付近を上限とした戻り売り、安値更新があれば次は108.5付近まで下値幅は拡大してきますのでしっかりと見極めて波に乗って行ければと思います。

関連記事

  1. 12/22 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  2. 12/14 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  3. 10/21 円のエントリーポイント-(FX相場分析・予想・予測)

  4. 4/6 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  5. 5/9 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  6. 10/6 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  7. 10/25 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  8. 11/24 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  9. 3/30 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスランキング

  1. 登録されている記事はございません。

Twitter

PAGE TOP