2/4 ドル円のエントリーポイント-2/6~(FX相場分析・予想・予測)

週足

今週は週明け序盤に114.3を下回ってきた事で一週間を通してショート優勢の相場となりました。
一段下げてきた事で週足の動きも上昇一服が確定し下値を伺う動きも視野に110円割れが射程距離へ入りました。

週足を見てみると昨年11月上旬にレンジ上抜けしてからの上昇が落ち着きを見せているのがオシレーターのカタチから読み取れますが、レンジ抜けからの61.8%戻しには到達しておりません。
中長期的には上昇一服となりましたが長い目で見るとまだまだ大きな下げ相場の兆候は出ておりませんので上昇の余地もある状況です。
今月の動きをしっかりと見ておく必要がありそうです。

日足

日足もレンジ内で推移しているのがわかりますね。
週末金曜日の夕方から短時間足は強気となっていましたが113.3を越える事ができず失速となりました。
上方向は113.3が大きな節目となりそうです。

週末NYクローズ時点で112.5付近で終了、下は111.8~112.0がありますが112.5⇒112.0~111.8あたりは一区画と考えて下へと狙える部分になってきそうです。

4時間足

4時間足を見てみるとレンジ内で推移が続いていますが下値を試した痕跡が出ました。オシレーターは下げ止まりを示唆するカタチを形成しておりますので再下落があるまでは大きくは狙いにくいかもしれません。
長く持っても市場ごとの手仕舞いが良さそうな感じです。

1時間足

1時間足を見てみると113.3付近を下降ラインが通過中です。
来週前半は113.3が監視ポイントになり、そこまでの上昇を狙う場合は短期決済&反落待ちとなりますので戻り売り優勢としてエントリーチャンスを待つ事になります。

日足以下は下向きへと変わりましたので下への動きは積極的にINしたいところですがまずは112.5割れから112.0~111.8です。
112.5割れは何度か反発していますのでストップラインの設定は綿密に行う必要がありますがトレンドフォローとなりますので損切り幅が狭く取れるところはしつこく狙って行ければと思います。

15分足

15分足以下を見るとエントリーポイントが容易に判断できると思います。
ここは短期上昇ラインを下方ブレイクしたところを狙う、第二波以降はその上の112.8台までの上昇は想定内として短時間足でのサポートライン割れを拾って行けば良さそうです。

値幅のあるレンジ内で推移していますので思惑が外れて逆行した場合は潔く損切りして次のチャンスを待ちましょう。
現状のレンジをいつどちらに抜けて来るかわかりませんが抜けた事実があって相場は動いてきます。
動きに合わせたエントリーをする上で、数時間おきに相場の方向性を確認しておく事も大切ではないでしょうか。

[twi]

関連記事

  1. 7/7 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  2. 11/26 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  3. 9/6 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  4. 1/13 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  5. 12/23 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  6. 12/8 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  7. 11/24 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  8. 7/15 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

  9. 11/25 ドル円のエントリーポイント-JP(FX相場分析・予想・予測)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

アクセスランキング

  1. 登録されている記事はございません。

Twitter

PAGE TOP